暮らしの常識1・2・3~お役立ち情報集!!あなたは知っていましたか??

食生活していますと、食べ比べとか

これとこれはどうして違うのですかね?

先に何から食べたらいいのだろうか。

季節の食べ物は本当に体にいいのかなあ。

今どんなものがあるのか…

40代になると認知症の予防には

何をたべたらきくの?

子供が受験勉強で記憶力を上げるに

なにを食べたら良いのか

よく分かりません。

分からないことが多くて困っています。

何とかいい教えをお話して頂けませんか?

私も勉強していきますので

なにとど、私の悩みを解決してください。

:分かりました、それでは少しづつ

暮らしに役立つ情報をお伝えしていきますね!

暮らしの常識についてのお役立ち情報集!

カレーライスとライスカレーどちらが太る?

カレーのルーとご飯が別になっていて、
ご飯にカレーをかけながら食べるのが
カレーライス。

ご飯の上に最初からカレーのルーが
かけられているのがライスカレー。

さて同じカロリーのカレーライスと
ライスカレーを食べれと、
どちらが太る?

太るのはライスカレー。

ライスカレーはそのまま早く

食べることができる。

それに比べてカレーライスは
カレーをご飯にかけるという動作が入るので、

その分、食べるのに時間を要するためです。

脳の視床下部にある満腹中枢は血液中の
糖分の濃さシグナルとして、

「もう満腹、これ以上は食べられない」
という指令をだす。

食べるスピードが早いと「満腹指令」が出る前に
たくさんの量を

お腹に入れてしまうことになり。

早食いは太ると言われるゆえんです。

どんぶり物など、早くかきこむことができる
メーニュには気をつけたいです。

そして、一口に30回は噛みたいですね。

食事の最初はコリコリ・シャキシャキ料理を

中華料理の前菜のの定番に
「くらげや白菜の冷菜」が登場するのは
なぜか?

くらげは医学的にみても理にかなった
健康効果をもたらすからです。

コリコリしたくらげをよく噛むことで、
これから食事をするぞ、というシグナルが
胃に送られます。

すると胃液の分泌がよくなり、
消化の準備が整います。

西洋料理では前菜に生野菜が出されます。

シャキシャキとよく噛める食材は
同様の効果が得られます。

和食では竹の子煮、
きゅうりの酢の物などがおススメです。

自宅で食べるときも「コリコリ前菜」
「シャキシャキを登場させたいものですね。

前菜のあとは温かいスープやお吸いで
胃をやさしく温めます。

温まるとスープや胃の血液の流れがよくなり、
胃液の分泌がさらによくなります。

スープなどで胃の中に分泌された胃酸も
ほどよく薄められるので

胃壁を守ることにも役立ちます。

とんかつ定食などの外食でも、
いきなりカツにがぶりつくのではなく、

まずはみそ汁などで口を湿し、
添えてあるキャベツから食べるほうが
胃がもたれませんね。

旬の食べ物が体にいいのにはワケがあります。

日本は四季の国。
冬と夏は私たちの緊張感が高まり、

自律神経のうち交感神経が優位
(血圧上昇、血管収縮、胃酸の分泌過多、
過呼吸)の毎日となります。

しかし、春と秋には一気に副交感神経が
優位へと逆転し、

体はほっとゆるんできて。

体温・脈拍・血圧は安定し、イライラ・不眠
・食欲減退・目の疲れなどの

症状が改善されます。

基礎代謝・運動不足でたまった体脂肪も
副交感神経優位の時期に燃やされます。

まさに「体の衣替え」にたとえられる
シーズンです。

このように私たちの体は四季のリズムに
合わせて営まれています。

だから、季節の旬のものを食べることは

四季のリズムにかなった体を
作ることにつながります。

野菜をみても夏が旬の野菜は
体を冷やすものは多いし、

冬の野菜は体を温めるものがおおいです。

旬を考える代表選手として、
かつお君に登場してもらいましょう。

といってもアニメのカツオ君ではなく

魚のかつお君。

江戸っ子に引っ張りだこだった初がつおは、
風薫る初夏に食卓に上がります。

戻りがつおは初夏の頃にお目見えします。

初がつおは脂肪が少なく

低エネルギーで初夏仕様。

戻りがつおは脂肪が多く
エネルギーが高い初秋仕様。

かつおの例だけでなく、
食べ物はみなその季節仕様の
栄養構成となっています。

旬のものを食卓に!

最後までお読み頂きまして
誠にありがとうございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

ボケ防止にはケーキよりも和菓子

脳の神経細胞の誰一のエネルギ源ーは
糖質(糖分)です。

糖質は「ブラッド・ブレイン・バリア」
(BBB)と呼ばれる脳の関門を

通過して脳の中に入り、

脳の働きを活発にします。

脳が疲れたときに甘いものを食べたくなるのは
脳がエネルギーの補充を待っているからです。

「認知症」は脳の神経細胞の連絡が
悪くなることが知られています。

40歳を過ぎたら、
認知症の予防のためにも
糖質の補充を心がけたいですね。

1日の3食を栄養バランスよく

食べることを前提に、

1日1個を目安に「大福」や「おはぎ」を
食べることをおススメします。

和菓子のエネルギーは洋菓子の

はぼ3分の1程度と低く、

消化もいいので効率よく脳の働きを
助けるエネルギーに転換されます。

牛乳で骨粗しょう症は治らない

牛乳やチーズ・牛肉は健康維持に

欠かせない食べ物、

というイメージが強いですが、
牛から得られる成分なので食べた割には

人間の体で利用される効率が悪いです。

骨の密度が低くなりスカスカ状態となる
「骨粗しょう症」の予防と改善に

カルシウムの多い牛乳が進められていますが
「乳」を飲むのなら「豆乳」のほうを

おすすめします。

健康づくりの秘訣は
自己免疫力の力を上げることです。

それには、自己免疫力のカギをにぎる

腸内細菌を善玉菌優位の状態に
維持することが欠かせませんね。

食べ物に含まれています酵素の働きを
十分に発揮させると
腸内環境の改善に役立ちます。

ただし、食べ物の酵素は45℃以上に
加熱すると効果を失いますので、

食べ物はグラグラ煮たりせずに
食べるのがおススメです。

生野菜は酵素の力を発揮するのに

最適の食べ方です。

記憶力向上や受験生にはビタミンB₁、B₂

受験生に欠かせない栄養がB₁、B₂。

記憶力や集中力を高めるとともに
精神状態を安定させ、
疲れをとり除く効果が得られます。

そのうえ、赤血球の再生が促進されるので
貧血予防にも役立ちます。

鶏レバー、かき、さんま、あさりなどに
含まれています。

ビタミンB₁、B₂に加えて、
「頭がよくなる」栄養素の

エイコサペンタエン酸(EPA)、
ドコサヘキサエン酸(DHA)も
欠かせません。

脳の働きを活発にして記憶力を
高める効果が得られます。

このような働きを持つEPAやDHAは

「認知症」の予防にも
効果をもたらします。

EPA、DHAの多い食べ物は

青背魚のさば、いわし、さんま、
かつおなどに多く含まれています。

よろしくお願いいたします。

心臓はなぜ胸のやや左側にあるの?

心臓は頭のてっぺんから足の先まで

血液を送る大切な役目をしています。

体の真ん中のおへそのあたりに心臓があれば、

体のすみずみまではほぼ等距離の位置なので

血液を届けやすいです。

ならば、なぜ体の真ん中よりも高い

胸の位置にあるのだろうか。

それはへその位置から頭のてっぺんまで

血液を送り届けるとすれば

220㎜Hgぐらいの高い血圧を

必要とすることになるからです。

このような超「高血圧」状態が続くと、

人間の血管は40年足らずでボロボロになり

すべての人が短命な

人生を終えることになります。

そこで、血管にやさしい120㎜Hgくらいの

血圧で送り届けることができる位置まで

進化をとげたというわけです。

心臓が胸のやや左側に位置しているのは、

多くの人の利き腕は右なので、

古代から、外敵と戦うとくや

獲物をしとめる際に

体の右側がけがをすることが多かったからです。

心臓が簡単に傷つけられてしまっては

致命傷となるので、

やや左側に位置することで

大切に守ることになったのです。

心臓が大きい人のほうが元気、は大ウソ

心臓は自分の握りこぶしぐらいの

大きさが標準サイズです。

心臓が大きければ

血液を送り出す力も強いはずで、

だから大きいのは健康な証拠と

考えるのは間違いです。

心臓は大きくても小さくても

働きは低下します。

特に心臓が大きくなる心臓肥大は要注意です。

肥大した心臓は図体ばかりでかくてエンジンの

燃費効率が悪い中古車のようなものです。

F1エンジンを搭載してラリーに参加する

国産車のように燃費効率のいい

(血液を送り出す力がしっかりしている)

心臓を維持したいものです。

心臓肥大は血管の動脈硬化が原因となります。

血管が硬く厚く変化し、

血液の通り道である血管の内腔が

狭くなってくると、

高い圧で血液を送り出す必要があります。

こんな状態が続くと心臓は疲れてしまい

心臓の筋肉(心房)が厚く変化して

心臓自体も大きくなってきます。

高性能の心臓を維持するためには

動脈硬化・高血圧などの

生活習慣病の予防が大切となりますね。

よろしくお願いいたします。

携帯電話の電磁波は集中力を落とす

「0リングの実験をしてみましょう。

右手の人差し指と親指で作られた

「0リング」は、

ほかの人から力を入れて

引っ張られても容易に崩れません。

ところが、左手に携帯電話をオンにして持つと

「0リング」はやすやすと

ほどかれてしまいます。

携帯電話から出る電磁波の影響で

集中力が落ちるせいです。

電磁波にさらされていると、

集中力がなくなるために仕事の能率が

悪くなったり、

学力低下を招くことが指摘されています。

携帯電話の電磁波は私たちの「健康リング」も

やすやすとほどいてしまいます。

頭痛、イライラ、食欲不振、眠れないなどの

自律神経失調によるさまざまな不快な症状は

携帯電話の電磁波により、

もたらされている疑いが濃いです。

携帯電話の会社も電磁波対策を講じていて、

最近はアンテナを立てて使う機種を

見かけなくなりました。

携帯電話は耳につけて使うため、

ここにアンテナがあると電磁波がモロに

側頭葉の神経細胞を

直撃する危険性があるからです。

現在、アンテナは機器の下部に

内蔵されています。

使用時に脳に対する電磁波の影響を

できるだけ少なくするためです。

携帯電話がないと生活が成り立たない

現在ですが

電磁波対策を講じたうえで上手に使いたいです。

電源をオンにした携帯電話は身につけずに

カバンやバックに入れておき、

必要な時に出して使うようにしたいですね。

胸ポケットに入れたり首から提げたり

するのはやめましょう。

使っていないときは電源を

必ずオフにしておきます。

そして、できれば電磁波を防ぐシールを

機器に貼ることをおすすめします。

よろしくお願いいたします。

胃がもたれたら右側を下にして寝る

胃の構造を理解すると胃にやさしい姿勢を

マスターすることができます。

胃で消化されたものを十二指腸に

送り出すのに最適な姿勢は、

体の右側を下にして横向きに寝ることです。

仰向けに寝るといつまでも

消化されたものが胃にたまったままの

状態となります。

胃がもたれたとき5分以上、

体の右側を下にして寝ると改善されます。

体質的に消化に時間のかかる胃の形を

している人もいます。

瀑状胃(ばくじょうい)という名前が

ついていますが、日本人では10人のうち

2~3人に瀑状胃がみられます。

瀑状胃は食べたものが胃の上部に滞り、

胃の下部で分泌される胃酸が

利用されずに過剰となり

胃炎を起こしやすいです。

胃の構造によっては、

完全に消化を終えるまでに8時間近く

かかることもあります。

胃の検診などで瀑状胃を指摘された人は、

食後の姿勢としてまずは体の左側を下にして

横向きに寝ます。

次いでうつぶせになり、フィニッシュは

体の右側を下にして横向きになると、

胃の消化と消化物の移動を

助けることができます。

長生きしたいなら睡眠時間は6~7時間

人生の約3分の1は睡眠タイム。

健康づくりには睡眠タイムの

マネジメントが欠かせません。

健康で長生きの人の睡眠は6~7時間、

という統計が発表されたことがあります。

それより長い睡眠、短い睡眠はともに

寿命を短くする、ということです。

人間の体は午後11時~12時と

午前2時~3時の2回、

睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは年齢に関係なく

分泌されるもので、

体と脳のリフレッシュに欠かせません。

できることなら、

睡眠中に2回の成長ホルモン分泌の

恩恵に浴したいですが、

夜ふかしの人でも最低1回、

午後2時からの分泌に間に合うように

寝たいものです。

夜遅くまで起きていても眠れば同じでしょ、

と考えるのは大間違いです。

午後3時以降に寝たのでは徹夜したのと同じで、

体はヘロヘロ状態なのです。

睡眠マネジメントに欠かせない

もう一つの要素はレム睡眠とノンレム睡眠。

睡眠中は約90分ごとにノンレム睡眠と

レム睡眠が訪れます。

レム睡眠のときはいびき、歯ぎしり、寝言、

寝入りばなはノンレム睡眠、

そして、目覚めるときはレム睡眠というのが

元気を約束する睡眠パターン。

ふとんに入る時間から睡眠の設定を

してみては如何でしょうか。

成長ホルモンの分泌タイムを最低でも1回、

ノンレム睡眠は最低でも2回という

組み立てをしたいものです。

よろしくお願いいたします。

水は一気飲みせず、少しずつ分けて飲む

私たちの体の60~70%は水。

水がなくては生きていけません。

呼吸とともに水分は体外に出ていくし、

じっとしていても体の表面からは絶えず

汗が分泌されて蒸発し、体温を調整しています。

このように自然に呼吸器や皮膚から水分が

排出されることを「不感蒸泄」

(ふかんじょうせつ)と呼んでいます。

気づかないうちに排泄されているというわけです。

体をよく動かしたときやスポーツをしたときは、

汗をたくさんかいて多量の水分をが失われます。

1日に摂る水分の必要量は2.4~3ℓですが、

食べ物から約1ℓが摂れるので、

水として1.5から2ℓ飲む必要があります。

汗をかいたときはさらにプラスして

水分補給を心がけたいものです。

とはいえ、一気飲みはお酒だけでなく

水分補給にも禁物。

食事どきやお茶の時間はもちろんですが、

一時間半おきにコップ一杯(約200㏄)の

水分補給を目安にしたいですね。

また、運動中には脱水症を防ぐ意味でも

15分に1回の十分な水分補給が欠かせません。

寝る前に飲む水、直前では遅い!

テレビの健康番組などでよく、

睡眠中に血液がドロドロになるのを防ぎ

脳梗塞、心筋梗塞などの「梗塞事故」を

起こさないように寝る前には

コップ1杯の水を飲みましょう。

と進めています。

しかし、水を飲むタイミングとしては

寝る前というのでは実は遅いです。

正解は寝る2時間前に飲むことです。

起きて体が活動している状態なら

胃の働きも活発で、

水分の吸収と有効活用がスムーズに行われます。

睡眠中は胃の働きもお休みモードとなるので、

寝る直前の水分補給は胃にとって

負担になります。

睡眠中は水分の補給がままならないので

血液の濃度が上がり、健康な人でも

サラサラ状態とはいかなくなります。

まして動脈硬化や高血圧、

糖尿病など持病がある人は、

寝る2時間前の水分補給が欠かせません。

夜中に目が覚めたときや

トイレに起きたときは必ず水分を

補給してから寝るようにしてください。

また、お酒を飲んだときは

アルコールを分解するのに

多くの水分を必要とするので、

いつも以上に水分補給を心がけましょう。

よろしくお願いいたします。

 スポーツドリンクは糖分3.5%が理想的 

スポーツをしているときは、
発汗や筋肉疲労で大量の水分が消費されます。

脱水状態になるのを防ぎ、
集中力を切らさないためにも水分の補給は

とても大切です。

しかし、ただ水を飲めばいいのかというと

そでもないです。

そこで、スポーツをする際の賢い水分補給を
マスターしたいもんです。

水分補給にスポーツドリンクを
利用する人も多いと思いますが、

カギをにぎるのは含まれている糖分の割合です。

運動中の集中力を保つためには
血糖値ができるだけ変動しないことが
望ましいです。

糖分をとると、それを利用するために
インスリンが分泌されて血糖値が上がります。

市販のアイソトニック飲料でも、
糖分が6~7%と多いものを飲むと
血糖値は急に上がり、

その後、急に下がります。

このような血糖値の乱高下は集中力を
切らすことになります。

おすすめは糖分が3.5%のものです。

これなら血糖値はほぼ一定に保たれるので
集中力も持続できます。

ドリンクのボトルには、
100gあたりの栄養成分の明記が
義務づけられています。

「糖質」という部分に敏感になって、
数値の低いものを選ぶようにしたいものです。

スポーツドリンクがないときは
ほかの飲み物を利用することになります。

ちなみに100㏄あたり缶コーヒには10g、

オレンジジュースには15gもの
糖分が含まれています。

これでは血糖値が乱高下して、
とても集中力を
持続させることはできません。

水分をしっかり摂っていない日の注射は痛い

いつもは血管にスッと入っていく

静脈注射などに、

今日にかぎって痛くてたまらない、
といことはないでしょうか。

右腕では痛いから左腕に替えても

同じように痛い、

というときは昼食を抜いていたり
お茶も飲んでいなかった、
ということが多いです。

注射の痛さを左右するのは、
注射の成分の浸透圧(濃度)と

体の血液の水分成分(血しょう)の
浸透圧(濃度)との関係によります。

注射の成分が濃い場合や、
血液がドロドロ状態で濃度が高いときは

注射の成分がスムーズに体内に
入っていかないので痛い目にあいます。

病院で注射をすることが予想される日は、
朝から十分に水分を摂って

血液のサラサラ度を保つことが

痛い目にあわないですむ方法です。

よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする