[熱中症]について正しく知り、いざという時のために備えましょう!!

熱中症について正しく知り、

いざという時のために備えましょう!!

昨年の熱中患者は約4万4千人で
特に8月は2万人を超えています。

また、65歳以上の高齢者は体力低下により
熱中症にかかりやすいといわれているため

特に注意が必要ですね。
徐々に暑さが落ち着く9月も油断は禁物なのですよ!

■熱中症になりやすい場面を知りましょう

・炎天下の屋外

散歩や草むしり、自転車に乗っている時
バスを待っているなど何気ない
日常生活の中でも要注意です。

・室内でも要注意!

エアコンをつけずに窓を閉め切っていると
室内は高温多湿になって、
熱中症の危険が高まります。

■熱中症の予防と対策を知りましょう

1生活環境の工夫

・エアコンと扇風機の活用
エアコンと風は直接当たらないようにし、
扇風機で冷気を循環させましょう。

・室温と湿度
日差しを遮ったり風通しをよくすることで、
室温と湿度が高くなるのを防ぎましょう。

2バランスの良い食事

・積極的に摂りたい栄養素
ビタミンB1-疲労回復(豚肉や大豆など)
ビタミンC -暑さに対する抵抗力を高める
(オレンジ、ブロッコリー、ほうれん草など)

・食事の工夫
暑いからと言って冷たい食事や
飲み物ばかりだと胃腸への負担が増すので、
ほどほどに!

(例)朝ご飯でみそ汁を飲む
温かい物+塩分を摂取

3外出時のポイント

・日差しを避けましょう
帽子や日傘を活用します
日陰を選んで歩く
信号待ちやバスの待ち時間も日陰へ

■いざというときに冷静に対処するために~
知っておこう!

・熱中症のサンイ

①めまいや顔のほてり

②こむら返りなど筋肉のけいれん

③体のだるさや吐き気

④汗のかきかたがおかしい

➄体温が高く、皮膚が赤いなどの異常

⑥呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

⑦自力で水分補給ができない

などなどがありますね。

・熱中症かな?と思った時の応急手当法

①すぐに医療機関へ相談し
または救急車を呼びましょう

②涼しい場所へ移動したり
風通しの良い日陰やクーラが効いた室内などへ

③衣服をゆるめて体を冷やします
(首筋や脇の下・足の付け根など)

④塩分と水分の補給を
おう吐の症状、意識がない場合は、
ムリヤリ水分を飲ませることはやめましょう

また、熱中症には熱けいれん、熱疲労、熱射病
の3つがあるわけで。

体温は脳の視床下部(ししょうかぶ)
で調整していてこの働きが
高温の環境に追いつかなくなって

体温が上がって行くわけですね。

体は体温を下げようとして大量の汗をかくので
水分が失われて、脱水症状をおこすという
しくみなんですよ。

日陰に隠れても起こることがありますので
油断大敵なんですね。

以上のことを普段からよく心がけて
子供さんやお年寄りの方・家族、隣近所の方々

その他多くの皆さんにも気をつけて頂きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする