高反発マットレスで腰や身体への負担をなくす「13層やすらぎマットレス」

● 高反発マットレスで腰や身体への

負担をなくす

「13層やすらぎマットレス」

あなたは毎朝ベッドから起き上がるときとか、洗面台で顔を洗うとき、食事をするため椅子に座るとか、

長い時間そこで座っていられない、家事や介護とかの立ち仕事がどうも、子供らと一緒に遊んであげられない、

長い時間の運転ができない、間欠歩行など…といった腰や身体への負担を感じて悩んだりしたことはありませんか?

そして、整形外科でレントゲンを撮っても骨に異常はなく、整骨院でもわからなくて痛みのため鎮痛剤や湿布を貼ったりその場しのぎをしたり、外出時にはコルセットを付けているとしたら、

嫌になってこの先いまのままで生活するのかと思えば人生まっ暗になってしまい腰などの痛みでついぐちってしまいますよね。

どうしたら腰などの痛みを改善したり快適な日常生活を取り戻せるか?

それはおそらく腰などに大きな負担をかけてしまってるので寝ているときの姿勢を直して、腰痛などに効果がある高反発マットレスを使ってみたら改善するかと思いますね。

人間はもともと犬や猫のように四本足で歩いてて、だんだんと進化しいくなかで二本足で立っようになったので背中がまっすぐになることで、どうしても腰に大きな負担がかかるようになってきたんです。

なので、腰などの痛みを和らげるのには日頃から疲れ切った身体の筋肉を休ませてあげることが大切ですね。

普通使ってらっしゃる柔らかい敷布団やマットレスは腰や背中が沈みこんで寝返りがしづらくなって血行が悪くなり、腰痛などの負担原因になります。

反対に、硬すぎるマットレスは腰や背中に圧力がかかって身体にけっこう負担がかかってしまいますね。

「寝返りは」筋肉の疲労回復の役目があって寝ているときに健康な人は20~40回ほど寝返りをしているそうです。

そして、腰痛対策などで重要な点は反発力があって血行が悪くならないよう、身体がこわばらないようにと適度な寝返りができて疲労回復できる高反発マットレスを選ぶことです。

そこで、いろいろな高反発マットレスがありますがご紹介します極上マットレスなのですが、

「13層やすらぎマットレス」といいまして 多くの方から喜ばれています特徴(快適構造・腰や身体への負担措置)がとてもいいからなのです。

【厚さ27cmの大ボリュウム】で高反発マットレス自体が13層構造になっていて最大27cmの中身が詰まっています。

そして両面にありますウレタンと中央の反発コイルが効果的に耐圧を上手く拡散して、ほかでは得られない快適な寝心地へと誘ってくれますね。

それは、今使っている敷布団やマットレスのせいで、あなたが満足な体感状態になっていないため、
朝きても熟睡感が得られないので疲れが残り腰とか首、肩への負担となって表れています。

どうしても寝ていたら体の重さが敷布団やマットレスにかかってしまい、
いろいろなところにその耐圧を逃しきれなくなって腰と身体に負担がかかるので、

この3Dスプリング高反発マットレスだったら負担がかからないし、寝返りだってスムーズなので快適に寝られるということなんですね。

おまけに、特殊なコイルを使っているので高い反発力と耐久性がよくて「へたり」にくくて強度が大変いいので、
一般の高反発マットレスだと一部分だけなのに比べて広い範囲にあるため耐圧が上手く分散されています。

マットレスは通気性が心配になりますね、就寝中は湿気がこもるので通気口をちゃんと設けていて高反発マットレスの中をいつも清潔にしてくれないと誰でもいやですよね。

そして、一年中使うものなんで快適に使うために温度調整などがついていると助かります。

なので、高級ニットを使っているので通気性、吸湿性がよく肌ざわりもいいし体温の変化によって熱を上手く調整できているそうです。夏は涼しくて冬は温かいという感じです。

これも大切ですね、アレルギーを持っていると防ダニ抗菌の対策ができているか気になります。

この高反発マットレスは安全性基準のSEKマークを取得していて防ダニ、抗菌防臭は完全にできていますので安心して使えますね。

とくに、製造工程でこの道一筋の職人さん達の熟練技術とお客さんに対して不断の誠意と製品への愛情が伝わって来て、

熟年の縫製でこの高反発マットレスで腰などへの負担がなくなって心良いよい満足感が得られると思います。

この高反発マットレスは子供さんにも安心の国内工場で製造されていますので安全で高品質の純日本製です。

あなたの生活から「13層やすらぎマットレス」は手放せないかもしれません。

マットレスを選ぶときは快適な寝心地があって、適度な寝返りがあり疲労回復がとれるようなマットレスで、

腰や身体に負担などが起こらないように毎日イキイキとした生活を過ごせるような、

極厚的な高反発マットレスを探したほうが良いとわかりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする