【地震の心得】は・わが家の安心・安全への意識向上へ!!

◆地震の心得10か条

1 まずわが身の安全を図る

丈夫なテーブル、机などの下に身をかくして

しばらく様子を見る。

2 すばやく火の始末

過去の例から大地震で怖いのは火災。

地震を感じたらすばやく火の始末をする。

3   火が出たらまず消火

万一出火した場合には、

初期のうちに火を消すことが大切。

大声で隣近所に声をかけあい、

皆で協力して消火につとめる。

4 あわてて戸外に飛び出さないこと

どんなに大きな地震でも、

大揺れは1分程度と言われています。

あわてて外に飛び出すと落下物などにより

負傷するなどの危険が多いので

周囲の状況をよく確かめて

落ちついて行動する。

5 狭い路地、へいぎわ、がけや川べりに

近寄らないこと

6 山崩れ、崖崩れ、津波、浸水に注意

山ぎわや急傾斜地は、

山崩れやがけ崩れがおこりやすい。

海岸地帯では津波、

低地では浸水のおそれがあるので

すばやく安全に避難する。

7 避難は徒歩で荷物は最小限に

津波や大火災で避難を行うときは、

消火、救急援助活動などの障害となるので

自動車は絶対に使わず、

必ず徒歩で避難する。

家族を震災

から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】

8 協力しあって応急救護

たくさんの負傷者が出ると

救急の手が回らないこともある。

協力しあって、応急救護をしよう。

急場には、おたがい助け合おう。

9 正しい情報をつかみ、余震を恐れないこと

10 秩序を守り、衛星に注意

身勝手な行動をとらず、秩序を守ろう。

伝染病等の発生のおそれがあるので

衛生には十分注意する。

よろしくお願いいたします。

・ふだんからの心がまえ

震度6、震度5の地震におそわれたとき、

どうしたらいいか、分っていてもできなかった

という経験談も多いです。

また、実際に地震におそわれてからは、

そう多くのことはできません。

したがって、ふだんから家庭内を安全にし、

災害の原因を少しでも減らしておくことが、

どうしても必要ですね。

ふだんの心構えとしては、過去の経験をもとに、

いろいろ考えられていますが

一般的と思われるものは、

おおむね次のとおりです。

1 家や塀の安全化をはかる。

我が家の耐震性をつかみ危険と見られる箇所の

点検や改修をすることです。

不適格なブロック塀や石塀は

自分にも他人にも危険である。

耐震性を確かめ必要がある場合は

できるだけ早く改築、補強することです。

2 ふだんから家の中でつぶされないよう、

家具の置き方にも注意します。

タンスの上や棚に、

重いものやガラス類を

置かないよう心がけます。

重い家具、倒れやすい家具は、壁に固定する。

家具の引き出しが飛び出したり、

開き式扉が開いて

中の物が落下したりしては危険であるので、

特に老人、幼児、病人などの寝る場所は

これらの危険を十分考慮し、

安全な場所を選定します。

3 火を使う器具設備の点検と整備をする。

使用法に注意し、火の回りは整理整頓する。

火を使う器具、設備は、故障や欠陥はないか、

安全装置はついているか

いざという時作動するか、

点検整備をしておきます。

ふだんから火気使用器具の正しい使い方を

習慣づける。

火の回りは整理整頓して、

地震の時に火のうえに燃えやすい物が

落ちたり倒れたりして、

燃えうつらないようにします。

4 ふだんから可燃性危険物の置き方や、

火気管理に十分注意すること。

灯油、ベンジン、アルコール、スプレー

食用油、塗料など、燃えやすいものは、

簡単に倒れないようにし、火元から十分離す。

特にプロパンガスボンベは

倒れないように鎖などで止め、

使い終わったら元栓を閉めます。

5 消火器や消火用具を準備しておきましょう。

消火の方法を身につけておきます。

万一の出火そなえ、

普段から消火器やバケツなどを用意しておく。

また、風呂の水は、

いつもためておくよう心掛ける。

また火災の時、うまく消火できるよう、

防災訓練などに積極的に参加し

消火器の使い方を練習しておきます。

6 救急医薬品の準備をしておきます。

応急手当の方法を身につけておくこと。

きず薬、目薬、脱脂綿、包帯、ばんそうこう、

三角巾などを用意しておく。

また、日本赤十字社や消防署で行う

講習会に積極的に参加して、

応急手当の方法を身につけましょう。

7 ふだんから非常用品を準備しておくこと。

家が無事でも電気、ガス、水道の被害で、

停電、断水などがおこります。

また避難先でも、

水や食料が不足することがあります。

組織的な救護活動が行われるまでの間は

自力で支えなければなりませんね。

少なくとも3日分位の飲料水、食料、燃料を

いつも貯えておきます。

非常持ち出品は、リュックサック等に入れ、

いつでも持ち出せるようにしておきます。

8 避難場所や避難路を確認しておきます。

津波や大災害で避難しなければ

ならないこともあるので、

ふだんから、安全な避難場所や避難路はどこか

消防署、市区役場、町村役場などで

聞いたり避難訓練で実際に歩いてみたりして

いざという時、あわてない様にしておきます。

9 家族で防災について話し合う。

地震が起こった時の各人の分担、たとえば、

火の始末はだれが、消火はだれがするか、

幼児や老人の避難はだれが

責任をもつかなど、

話し合ってきめておくことです。

また、家族がバラバラでいる時に備えて、

避難場所や連絡方法についても

話し合っておく必要がありますね。

こういった地震のときには

子供やおじいちゃんが持っていると

便利かもしれませんね。

10 ふだんから協力体制をつくっておくこと。

いざという時、声をかけて助け合えるよう、

普段から隣近所と話し合っておきます。

また、お互いに協力して

情報伝達、消火活動、避難誘導、救助救護活動

などが出来るよう

自主防災組織を作りましょう!

よろしくお願いいたします。

・家具類の安全について

+地震のとき、家具類はどうなるか

ある団地では上層階の本棚、食器類などは、
8~9割が倒れるなどの被害を受けています。

どんな家具でも、震度5以上では倒れやすく

実例によりますと

次のような場合は特に倒れやすいと言えます。

:地盤の悪いところにある家屋内や、
剛構造のビルの中、上層階にあるもの

:奥行に比較して高さが高いもの

:重心が高いもの

:2段、3段などの重ねもの
また、家具そのものが倒れない場合でも

家具の上や棚の上のテレビ、人形ケース等が
落ちる。

タンスや、開き戸のついた戸棚から、
引出しや内容物が飛び出す。

ガラス戸の食器や洋酒びんなどが
ガラスを割って飛び出す。

このようなことが十分考えられます。

+安全な家具の置き方

住宅事情からむつかしい面もありますが、
次のような置き方が比較的安全です。

:できるだけ壁体につけて置くように。

:できるだけ板の間におく。
畳に置く場合は、直接置くよりも
ベニヤ板などを敷いておくとよいです。

幼児、老人、病人のいる部屋には
なるべく置かないこと。

滑り止めを付けるか、ジュウタンの上におくこと。

+家具を固定する前に調べておきましょう。

:屋内にある重要な家具、ガラス製品、
吊り家具などに着眼して、
不安定かどうかを判断する。

:不安定なものは位置を変えたり、
壁・柱・床などのそばに移動します。

:固定の仕方は、その形態や材質、
とか周囲の状況によって異なりますが

見栄えやあまり家具をキズつけない
方法をとるのがコツです。

よろしくお願いいたします。

・火災の防止について

①火を使う器具、設備の安全

火を使う器具、設備に故障などの欠陥があっては

出火を防止できないので、

次の点に気を付けます。

:石油ストーブは、

感震自動消火装置の付いたものを使う。

また、プロパンガス、都市ガスについても、

なるべく感震自動遮断装置を取り付ける。

取り付け済みの場合は大丈夫です。

:火を使う器具、設備は、振動したり

倒れたりしたときでも燃料が

漏れたりしない構造のものを使うこと。

:火を使う設備器具は

その使いはじめ及び使用中の

異常の有無について常に点検整備する。

とくに、季節的に使用する暖房器具等は、

しまうとき、取り出すときに点検整備すること。

また、ガス会社等の点検サービスは

積極的に受けるようにし、

その際注意事項があれば、

必ず守ることが大切です。

②火を使う器具周辺の整理整頓

地震のときは、コンロ、ストーブ等が倒れたり

付近の燃えやすい物が火を使く器具の上に

落ちたりして火災となることが多いので

火を使う器具のまわりには、

整理整頓をしておく必要があります。

:石油ストーブ、ガスコンロ、ガスレンジ

ガスストーブなどの周辺には、

石油類、衣類、紙くずなどの

燃えやすいものを置かないことです。

とくに、灯油やベンジンなどは火がつきやすく

火が付いたときは火勢が一気に拡大するので、

火を使う器具の近くに置かないこと。

:石油ストーブやガススト―ブなどの近くに、

たんす、戸棚、本棚などがあると

これらの家具類が倒れて

火災になる危険があるので、

石油ストーブなどの近くには

倒れやすい家具類を置かないことです。

やむをえず、置く場合は、

地震で倒れない方法で固定します。

③同時に多数の火気を使用しないこと

ふだんでも同時に多数の火気を

管理しきることは難しい。

まして、地震の時などにアイロンをかけながら

ガスコンロで煮ものをし、

風呂を沸かすというように多数の火気を

使用しているとそのすべての火源を断つことは

なかなか期待できないです。

このため、普段から多数の火気を断つことは

なかなか期待できません。

このため、普段から多数の火気を

同時に使用することがないように

習慣づけておくことです。

④可燃性危険物品などの保管場所の点検整備

最近、家庭内でも、灯油、ベンジン、

ヘアースプレー、食用油、殺虫剤、塗料類などの

可燃性危険物品が多く使われています。

これらの可燃性危険物品に引火して

火災になった例はたくさんありますが、

その多くは、

保管方法や使用方法が悪かったためです。

地震が起こると、容器が倒れたり、

棚から落ちたりして破損し、

流れ出た可燃性危険物品に引火して

火災が広がるおそれがあるので、

日ごろから次のことに注意して

火災の防止に心がけるようにしてください。

:危険物品は、しつかりふたや詮をして

倒れないよう箱に入れるなどして、

なるべく床面に置くこと。

とくに振動しやすい棚の上に置くことは避けます。

やむをえない時は、棚止めなどをして

振動で容器が落ちないようにしておきます。

:可燃性危険物品の保管場所を常に点検し、

異常の有無を確かめておくことです。

➄プロパンガスボンベの安全

地震のときプロパンガスボンベが倒れ、

ガスが噴き出した例は多いです。

一歩誤ると引火爆発のおそれがあるので、

プロパンガスボンベの安全には、

とくに注意しておく必要があります。

:ボンベの転倒防止にクサリを使用する場合

クサリは強いものを使用し、

止め具もしっかりしたものをつける。

クサリの位置はボンベの下から3分の2の

ところにつける。

取り付け場所は、柱又は門柱はいいですが

板壁ベニヤ板では十分な強度が得られません。

ボンベの置き場所は屋外で風とおしのよい、

平らな場所を選び

近くに落下するものがない場所にする。

よろしくお願いいたします。

・家庭の防災会議について

いざというとき、あわてないために月に1度は
家族全員で地震のとき、どうするかを
話し合っておくといいです。

1 話し合う内容

:火を使う器具の安全点検、消火器のチェック、
けがに備えての救急薬品や
非常持ち出し品の係はだれにするか。

:家の中でいちばん安全なのはどこか。

:ガスの元栓は、だれがどうしてしめるか。

:幼児や老人の避難や安全は

だれが責任をもつか。

:家族がはなればなれになつたときの
連絡方法と最終的におち合う場所はどこか。

:避難場所はどこか、どの道を通っていくか。

:非常持ち出し袋はどこにおくか。
だれが持って出るか。

:大地震が昼の場合と夜に場合を想定して
家族みんなで行動をきめておきます。

2 役割分担表を作る

地震のとき、1人でできる事は少ないです。

ですのであらかじめ、役割分担表などを作って
家族一人ひとりの役割を決めておきます。

3 家族がバラバラになったときのことも
考えておく必要があります。

地震のとき、
家族がバラバラでいることもありますので、

集合場所などを
決めておくとことも大切です。

そして、ふだんからこういったものを

備え付けていたら地震のとき

あわててしまうので便利かもしれませんね。

家族を震災

から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】

・最後までお読み頂きまして

ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする