健康で若々しく長生きするための秘密とは!!

・健康で若々しく生きる健康法とは

健康法には、食事やサブリメントから摂った

栄養を腸から「吸収」し、血液に乗せて

体の隅々まで「届け」、「細胞」一つひとつを

若々しく保つ健康法があります。

あなたには健康に生きる力が備わっています。

しかし、体調や環境によっては、その力を

発揮することができません。

そして、人ひとりの健康に若々しく

生きる力を最大限に引き出す健康法を

紹介いたします。

ぜひ、あなたの健康にお役立て

いただければ幸いです。

◆次回は、健康で若々しく

長生きするための秘密とは!!

「どうして親子は似ているの?

~遺伝~」について

お話しますね。

よろしくお願いいたします。

・どうして親子は似ているの?~遺伝~

「目鼻立ちがお父さん(お母さん)に

そっくりね」

なんて言われた経験はありませんか?

私たちは生まれる前から、一人ひとり異なった

体の遺伝子を持っています。

この遺伝子が親から子、子から孫へと

受け継がれることを遺伝と言います。

例えば、普段何気なく鏡を見ている

かもいれませんが、

目が二重だったり、髪が巻き毛だったり

目や肌の色などの見た目は、

親から遺伝として受け継がれます。

これらは細胞一つひとつに、

組み込まれている遺伝情報なので、

よほどのことがない限り、突然見た目が

変わったりすることありません。

私たちの今の姿は、母親と父親の両行から

受け継いだもので、

どことなく親子が似ているのも

不思議ではありませんね。

さらに、遺伝は見た目や体質だけではなく

病気にも関わっていくます。

親子は、同じような環境で過ごしているため、

生活習慣や食生活が

病気の原因と関係しているたことも

ありますが、

約30%は遺伝によるものだと

言われています。

私たちは見た目だけではなく、

病気のリスクまで両親から

受け継いでいるのです。

私たちの体は、約60兆個もの

細胞でできています。

その細胞一つひとつに親から受け継いだ

遺伝情報を遺伝子として記録しています。

現在では研究が進み、

ごく簡単な遺伝子検査をすることで

個々人がかかりやすい病気や体質、

能力を知ることができます。

目に見えない、記憶力や足の早さなどの

運動神経も遺伝すると言われています。

つまり、個々の遺伝子情報を知り

生活習慣や食生活を整えることが、

理想的な自分に近づく近道なのかも

しれません。

◆次回は、健康で若々しく

長生きするための秘密とは!!

「わかさの秘密は細胞だった!?

~新陳代謝~」について

お話しますね。

よろしくお願いいたします。

・わかさの秘密は細胞だった!?~新陳代謝~

「子供のころには、日焼けやキズ跡が

すぐに治ったのに、

歳をとると治りにくくなったなぁ」という

経験はありませんか?

これは、細胞の生まれ変わり(新陳代謝)の

サイクルが年齢とともに長くなった

からなのです。

私たちは受精卵という一つの細胞から

誕生しました。

そして、遺伝子情報に基づいて細胞分裂を

繰り返し、

成人の時の細胞は、

約60兆個にまで増えます。

目や鼻、髪、爪など、すべては細胞の集合体で、

細胞内にある、どのような細胞が

どのくらい必要かという設計図(遺伝子)

によって作られています。

私たちの遺伝子の数は約22,000個

と言われています。

一人分の遺伝子をつなぎ合わせると、

約1,200億km、地球300万周

にもなり、

私たちの体は、とても精密な設計図によって

作られていることが分かりますね。

この設計図を基に、細胞が日々正しく

生まれ変わることによって、

私たちの体は作られ、健康や若々しさを

保っています。

細胞の生まれ変わりのサイクルは、

平均3ヵ月ですが、肌で28日

赤血球で120日と、部位によって

異なります。

このことからも、

「美と健康は一日にして成らず」ということが

分かりますね。

細胞一つひとつの健康を保つためには、

継続的な細胞の材料(栄養素)の

摂取とケアが必要です。

新陳代謝の低下は、様々な老化現象の

原因の一つです。

「近頃、疲れやすくなった」

「髪のツヤがなくなってきた」

「肌のシミ・シワが気になってきた」

などなど、年齢を理由に諦めていませんか?

いつまでも若々しく、健康な毎日を

過ごすためには、新陳代謝を活発にし、

細胞一つひとつを

元気に保つことが大切なのです。

◆次回は、健康で若々しく

長生きするための秘密とは!!

「核酸の秘密]について

お話しますね。

よろしくお願いいたします。

・核酸の秘密について

「食」は「人」を「良く」すると書き、

私たちは毎日の健康を保つために食事から

栄養素を摂取します。

「栄養素」と聞くとタンパク質や脂質、

炭水化物、ビタミン、ミネラルが有名ですが

実は、新陳代謝には「核酸」という

成分が大きくかかわっています。

核酸は、私たちの体を作る細胞すべてに

存在しており、新しい細胞を作り出すために

必要不可欠な成分で、大きく2つに

分けられます。

遺伝情報に基づいた、一人ひとり

オリジナルの設計図を作る

「DNA核酸」とその設計図を基に新しい

細胞を作る「RNA核酸}です。

DNA核酸とRNA核酸の関係は、

設計図と大工さんに例えることができます。

私たちの体を作る細胞の材料は

主にタンパク質です。

私たちの体の中で新しい細胞が、

生まれるときに

DNA核酸は細胞の作り方を指示し、

その設計図を基にRNA核酸(大工さん)が

たんぱく質を作り、

新しい細胞を作ります。

たんぱく質は、肉や魚に多く含まれる

栄養素で、摂取すると酸化され、

アミノ酸へと分解され、吸収されます。

吸収されたアミノ酸は、皮膚や爪、

髪などを作るたんぱく質に

再度組み立てられます。

この複雑で重要な組み立て作業の

責任担当が、実は、核酸のなのです。

核酸は、食事からの摂取と肝臓で

作られることによって補われて

いますが、

20歳を過ぎると、肝臓の働きが衰え、

核酸の合成量が減少します。

核酸が不足すると、

細胞が新しく生まれ変わらなかったり、

生まれ変わるスピードが遅くなり、

新陳代謝の低下を招きます。

核酸は魚の白子や魚の干物などにも

含まれます。

年齢とともに不足しやすい核酸は、

食事やサプリメンから補うことができます。

◆次回は、健康で若々しく

長生きするための秘密とは!!

「体の根っこ~腸~」につい

てお話しますね。

よろしくお願いいたします。

・体の根っこ~腸~について

「テレビや雑誌で紹介されている、

健康や美容に良いと噂の

スーパーフードやサプリメント。

試してはみたものも…本当に効いているのか?

なんて思った経験は、誰しもがあるのでは

ないでしょうか?

効果がないと諦める前に、腸の健康を

見直してみませんか?

元気な樹木は、根っこがしっかり働いて、

地中から水分や栄養を枝葉に

運んでくれるように、腸はその働きから

「体の根っこ」と言うことができます。

腸の健康と聞くと、お通じを

イメージする方が多いと思いますが、

腸は「排泄」の他に、「消化」や

「吸収」を行うとても重要な臓器です。

腸は小腸と大腸に分けられます。

小腸は腸の筋肉の働き(蠕動運動)によって

食べ物を消化液と混ぜ合わせながら

大腸に送ります。

食べ物の栄養の9割は小腸の

粘膜で吸収されます。

日本人の腸の長さは約9mで、

腸の内側にある無数のひだが表面積を

大きくすることで食べ物の栄養素をより

効率よく吸収ができるようにしています。

その後、食べ物は大腸で余分な水分が吸収され

残りかすは糞便として排出されます。

私たちが生まれる前、

脳より先に腸が作られます。

それだけ腸は重要な臓器であることが

分かりますね。

私たちが摂取した食べ物は、胃や腸で

消化・吸収されて初めて栄養となり、

健康の役に立ちます。

いくら栄養が豊富な食材を食べていても、

縮便が過剰にたまり、腸内環境が悪いと

栄養を吸収することができません。

さらによく噛むことも大切です。

よく噛むことで食べ物が小さくなり、

唾液と混ざることで消化が始まり

腸で栄養が吸収されやすくなります。

元気な腸でいるためには乳酸菌が重要です。

腸内環境を整え、生きるために必要な

栄養をきちんと吸収することが

健康への第一歩です。

◆次回は、健康で若々しく

長生きするための秘密とは!!

「乳酸菌の秘密」について

てお話しますね。

よろしくお願いいたします

・乳酸菌の秘密について

ヨーグルトやみそ汁、漬物、キムチなどなど

健康や美容のためによく食べられている

これらの食材の共通点、

何だかお分かりでしょうか?

それは「乳酸菌」です。

乳酸菌には、腸内環境を整える効果や

免疫力を向上させる効果、

コレステロール値を低下させる

効果がなどがあります。

人間の腸には、約500種類以上、

100兆個もの腸内細菌がいると

言われています。

この腸内細菌は大きく3つに分けられ、

私たちの体に影響を及ぼす善玉菌

反対に悪い影響を及ぶす悪玉菌、
そのどちらか優勢な方に傾く日和見菌がいます。

人間の腸内では、常に善玉菌と悪玉菌が

優勢範囲を争っています。

健康な乳幼児の腸は、腸内細菌のはほとんどが

善玉菌で、約90%を占めています。

しかし、加齢とともに善玉菌の割合は

減少します。

さらに、ストレス、食生活などによって

善玉菌の減少は加速すると考えられています。

善玉菌が優勢を保っているときは、

腸の調子が良い状態です。

一方、悪玉菌が増加して、

優勢になると毒素が発生し、腸で栄養が

吸収される時にその毒素も一緒に

吸収されます。

吸収された毒素は血液に乗って全身を巡り、

老化の促進や倦怠感、肌トラブルなど、

様々な不調をもたらします。

腸内細菌のバランスは、食事の摂り方や

体調によって変わります。

善玉菌の代表格である乳酸菌を摂取する、

または、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や

植物繊維などを摂取することで、

腸内で善玉菌を増やすように

働きかけることができます。

腸内の善玉菌を増やすことは

腸内環境を整え、栄養素が

吸収されやすくなり、健康な体へと導きます。

◆次回は、健康で若々しく

長生きするための秘密とは!!

「栄養を隅々まで届ける~血流~」

についてお話しますね。

よろしくお願いいたします。

・栄養を隅々まで届ける~血流~について

「最近、疲れやすくなったなぁ」

「体が冷えるなぁ」「寝起きがスッキリ」

しないと感じたら、血流に注目してみては

いかがでしょうか?

私たちは腸から吸収した栄養を、

血液に乗せて体の細胞一つひとつに

届けます。

そのためにはスムーズな流れが

必要不可欠です。

しかし、食の欧米化により血液が

ドロドロになっていたり、加齢とともに

血管が固くなってしまったり、

たばこやストレスによって血管が細く

収縮してしまったり、様々な原因によって

その流れが滞ってしまいます。

心臓から送り出された血液は、

腸から取り込んだ栄養と肺から取り込んだ

酸素を細胞に届けます。

そして、いらなくなった老廃物を細胞から

受け取り排出します。

血液は、栄養と酸素を細胞に届ける

配達屋さんと、老廃物を排出する

回収屋さん、二つの輸送の働きがあるのです。

私たちの体中の血管をつなぎ合せると

その長さは約10万km、地球2周半です。

少しすりむいただけでも血が出るのは、

体中に血管が張り巡らされているからだと

いうことが分かりますね。

血液は通常約1分間で体を1周すると

言うから驚きです。

血管の太さは、一番太い血管では

内径8μmで、その太さは髪の毛の

10分の1程度しかありません。

ドロドロの血管だと通るのが困難で

容易に詰まりやすくなります。

さらに、年齢と共に血管は弾力を失い

固くもろくなり、血流が滞りやすく

なります。

また、女性に多い「冷え」も、

血流が滞ってしまう大きな原因の

一つで。

体が冷えを感じると、血管が収縮して

細くなり、熱が逃げて体温が下がるのを

防ぎます。

スムーズな血管で細胞一つひとつに

栄養を届け、

毎日健康で過ごしたいものです。

◆次回は、健康で若々しく

長生きするための秘密とは!!

「イチョウ葉の秘密」について

お話しますね。

よろしくお願いいたします。

・イチョウ葉の秘密について

昔から「老いは血管から」とも言われるように、

年齢とともに血管が弾力を失って固くなったり

血管がもろくなると、様々な生活習慣病を

引き起こす原因となります。

血管は体を作る細胞一つひとつに必要な

酸素や栄養ろは運ぶなど、生きて行くために

とても大切な役割をしています。

神社や寺院・街路樹などで、よく見かける

イチョウの起源は、恐竜時代よりも古く、

約2億5千万年前と推定され、

「生きた化石」とも呼ばれる

太古のの生命をつないでいる植物です。

強力な生命力持つイチョウの葉から、

抽出された「イチョウ葉エキス」には

2種類の注目すべき有効成分「フラボノイド」

と「ギンコライド」が含まれます。

その働きは大きく4つに分けられます。

①血管を拡げて血流を改善する。

②血流をサラサラにし、

血管が詰まるのを防ぐ。

③毛細血管に弾力性を持たせ強化する。

④強い抗酸化作用で、活性酸素から

脳細胞を守る。

イチョウ葉エキスに含まれる有効成分は、

フラボノイドやギンコライド以外にも

無数に存在します。

その有効性の高さから、世界数十ヵ国で

医薬品として認可されています。

その有効性は広く知られてものの、

全貌が未だに解決されていない

イチョウ葉エキスには多くの可能性が

秘められています。

毎日を若々しく健康に過ごすためには、

強くしなやかな血管と、血液がサラサラで

あることが不可欠です。

そのためには、日ごろからの継続した

血管ケアが必要です。

イチョウ葉エキスは、血管のドロドロを

改善し、血管を強くしなやかに保つことで

栄養を体の隅々まで届けます。

腸から「吸収」した栄養を、

体の隅々まで「届け」、「細胞」

一つひとつを若々しく保つことが

わかさの秘密と言えるでしょう。

ーまとめー

① 栄養を吸収する腸。

② 栄養を隅々まで届ける血液。

③ 若さを保つ細胞。

この3つを健康にすることです。

それこそが、健康で長生きするための

秘訣であると言えます。

腸を健康にする「乳酸菌」

血液をサラサラにする「イチョウ葉」

細胞の生まれ変わりを助ける「核酸」

あなたも・この3つの成分を

取るように心がける必要がありますね!!

● そして、健康で若々しく長生き

されることを願っています。

よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする