結婚指輪・婚約指輪の創業20年「銀座ダイヤモンドシライシ」予約・人気とは?

先駆者としての誇りを胸に輝きの歴史を続ける


結婚指輪・婚約指輪の創業20年

「銀座ダイヤモンドシライシ」

銀座ダイヤモンドシライシは日本経済の
大変動期を迎えてほどない時代
1994年11月に誕生しました。

過言ではありませんが、まさに
「ブライダルリングの時代」の夜明けであります。

私たちは「先駆者」として、
革新的な「文化」の多くを創り出してきました。

人生の門出にふさわしい
高品質のダイヤモンドのみを取り揃え、

完成度の高いオリジナルデザインを、
自社工房にて多数創作・展開してまいりました。

また業界初の「セミオーダー」を提案し、
婚約指輪や結婚指輪の元祖として

普及したのも、銀座ダイヤモンドシライシが
最初でした。

それから20年あまり、
延べ40万組以上の皆様に厳選の

ブライダルリングをお届けしてきた
銀座ダイヤモンドシライシ。

これまでも、私たちはパイオニアとして
誇りを胸に歴史ある「シライシ」のもと

より多くのカップルを
永遠の輝きへお届けして行く覚悟で

邁進して参ります。

銀座ダイヤモンドシライシの想い

結婚指輪・婚約指輪の創業20年

「銀座ダイヤモンドシライシ」

私たち銀座ダイヤモンドシライシにとって
ブライダルリングを選んでいただくというのは

ただ商品を売るということとは
異なる意味を持っています。

ブライダルリングとは、
人生の門出のお祝いで
好きな人と結ばれる絆の証です。

ふたりの新たな人生での結婚という
希望あふれる未来への願いを託す
きわめて特別なジュエリーです。

ダイヤモンドの特別な輝きに込められた
その「想い」を原点に、

日本初のブライダルジュエリー専門店として
創業しました。

従来にはなかったサロンタイプの
ゆったりとした店内

ダイヤモンドの品質基準「4C」の啓蒙、
そして業界でも先駆けとなった

「セットリング」をはじめとする多彩な
リングデザインの開発。

これらパイオニアとしての業績はすべて

「ふたりに寄り添い
幸せをかたちにしたい」

私たちのそんな想いの結晶であり
願いそのものなのです。

これまでも、そしてこれからも、ずっと。
銀座ダイヤモンドシライシは

ふたりの人生に寄り添って歩んでいく
ブランドであり続けます。

お客様への想いを込めて

結婚指輪・婚約指輪の創業20年

「銀座ダイヤモンドシライシ」

銀座ダイヤモンドシライシの店頭で
お客様をお迎えするコンシェルジュが

いちばん大切にしている想いです。

創業時から変らない「ふたり」への想い
すべてはここからはじまります

「どこで選ぶより、幸せになれる婚約指輪
・結婚指輪をおすすめしたい」

ブライダルリングを選ぶということに
お客様は慣れていません。

なにしろ一生に一度のこと、
誰もが初めてのことなのです。

そして、人生で唯一の二人での
特別なお買い物だからこそ、

ショップに足を踏み入れた瞬間から
お帰りになるまで一点の曇りなく

素敵な思い出の時間をふたりに
ご提供したいと思っています。

そのために私たちは、プロフェッショナル
としての知識と経験はもちろん

「もっとふたりのことを知りたい」
というまっすぐな気持ちを忘れずに

一組ひと組のお客様をお迎えしています。

婚約指輪・結婚指輪を贈る「幸せの瞬間」
変らない輝きを放つダイヤモンドと共に

ふたりの人生に永く寄り添っていきたいと
私たちはいつもこの様に願い続けています。

ブライダルリングが国内最高峰のレベル

結婚指輪・婚約指輪の創業20年

「銀座ダイヤモンドシライシ」

銀座ダイヤモンドシライシは
婚約指輪・結婚指輪の品質管理を
徹底しています。

ダイヤモンド、プラチナをはじめとする
厳選のマテリアルはもとより、

完成度を極めることで導き出される
端正なたたずまいと堅牢なつくり。

そして、いかなるときでも
おふたりらしさを輝かせ

日々の暮らしを彩る豊富な
デザインバリエーションの数々。

ブライダルリングのすべてが
国内ジュエラー最高峰のレベルであり

創業以来40万組以上ものお客様に
ご信頼をいただく専門店の証なのです。

お近くの銀座ダイヤモンドシライシで
是非、自信の輝きをぜひお確かめください。

*なお現在

・WEB来店予約で3,000円の
 ギフトカードプレゼント実施中

結婚指輪・婚約指輪の創業20年

「銀座ダイヤモンドシライシ」

よろしくお願いいたします。


あなたにとって、リフレッシュできるのは
どんなときですか?

私にとってはそれは、休日に親友と温泉へ
出かけることです。

温かい湯にゆっくり浸かると次第に
体も心もほぐれていつもは言えないような

素直な気持ちをお互いに

伝え合うことができます。

彼女とは中学校で親しくなって、
社会人になった今でも嬉しいことや

辛いことがあったときには
必ず二人で温泉を訪れています。

ある日のこと、いつものように他愛もない
話をしていると友人が急に私のほうに向き直り

「この冬、結婚することになったの」
と報告してくれました。

大好きな友人の結婚。

つい自分のことのように嬉しくなり
「おめでとう」と喜んだのもつかの間

もうこんな時間も少なくなってしまうのかな
と急に寂しい気持ちになりました。

でも、そんな思いを抱いていたのは
私だけではなく、彼女も同じだったよう。

私の様子を察したんか
ふと「会う機会は減っても何も変わらないよ」

と声を掛けてくれました。

彼女との時間がこれからも私の支えとなり
心が通じ合える大切な絆で

結ばれていることを実感しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする